アクセスカウンター


お気に入り

無料ブログはココログ

« 梅雨入り | トップページ | 逝去 »

2008年6月11日 (水)

病む日本

先日の東京・秋葉原で起きた通り魔事件には、本当に驚きました。白昼堂々と歩行者天国を狙い済ましての犯行のようです。犯人は頭脳的にはかなり高学歴な人間のようです。世の中が嫌になって、誰でもいいから殺そうと思ったと供述しているそうですが、何故、全く関係のない人を殺めなければいけなかったのか・・・・?
他人を捲き込んでまで死刑になりたいのか?自分には全く理解出来ません。本当にどうしてこんな社会になってしまったのでしょう。本当に自己中心的な犯行です。
モラルの欠如した企業や料亭、地球も温暖化でおかしくなってきているようですが、人間も同様のようです。
自殺者も多いと聞きます。本当の意味での社会の改革・是正が急務のようです。政治家のみなさんはこのような現象をどう捉えているのでしょうか?
法律や規律を変えたところで、本当の解決にはなりません。人の中身を変えて行かなければいつまで経っても堂々巡りだと思います。
教育の荒廃が一番の原因ではないでしょうか。また、家庭教育のあり方も見直して、親を教育しなければなりません。
仕事で忙しいから子育てまで手が回らないなどとは言い訳にはなりません。子供を持った以上、責任は親にあります。
基本的な教育はやはり、家庭にあると思います。
地域の連携も含め、PTAや子供会活動なども見直す必要があるような気がしています。
子供が健全に育てば、社会も健全になっていくのではないでしょうか。自由とわがままを履き違えて育った若者も近年、目立ちます。そういう子達を育てたのは、その親であり、地域や社会なんです。思考や精神が小学生並の若者が多いのは精神面が鍛えてないからではと思います。
今、やらなければ、いつやればいいのでしょう。本当に急務です。

« 梅雨入り | トップページ | 逝去 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26888/21571586

この記事へのトラックバック一覧です: 病む日本:

« 梅雨入り | トップページ | 逝去 »